エンジニアはきつい?

仕事がきついエンジニアが限界を感じたら「フリーランスになる」

なぜエンジニアの仕事はきついのか?

フリーランスとして活動する

ITゼネコン構造は、大手ITベンダーを先頭に下請け、孫請けへと階層が下がるにつれて収入も少なくなるのが一般的です。孫請けに向かうほどに仕事はきついのに収入は落ちるとなると、心身の限界を感じるようになるかもしれません。そこで転職という発想になる人も多いですが、孫請けからの転職を考えるならフリーランスになるという選択肢を真剣に考慮してみてはいかがでしょうか。

フリーランスとして活動する

下請け企業エンジニアの転職

ITゼネコン構造の最下層にいる人が転職してステップアップするのは容易なことではなく、ほとんどの人が同じような層に位置する企業に転職しています。さらに悪いことに、転職しても給与は横ばいか場合によっては下がってしまうこともあり、給与だけが下がって仕事内容はほとんど変わらないという残念な状況に陥ってしまいます。理想としては、孫請けなら下請けへ、下請けなら大手ITベンダーへと転職できればいいのですが、現実はほとんどの人が横ばいかそれ以下です。

孫請けがフリーランスになるべき理由

エンジニアの仕事内容としては孫請けもフリーランスもほぼ同じですが、手にする収入はかなりの差が出ることになります。多いのはもちろんフリーランスで、支払われる収入のほとんどを手にすることができます。同じエンジニアでも、ピラミッドのどの位置に属するかによっては安定を捨ててでもフリーランスになったほうが稼げるのは事実で、孫請け企業のエンジニアともなると、ある程度の経験者でも月の手取りが10万円台前半という厳しさです。そうであれば、同じ技術レベルでもっと稼げるフリーランスになるべきというのは理にかなったことでもあります。

job is engineer

job is engineerは、フリーランスのエンジニア向け案件を扱うエージェントです。Webで会員登録をすると、担当のコンサルタントから5営業日以内に電話連絡がきてまずは面談という流れになります。面談ではスキルや希望についての丁寧なヒアリングが行われ、その際に遠慮なく気になることを相談することができます。案件については、サイト上で見ることのできない非公開のものもたくさん保有しているので要チェックです。

WEB系、オープン系はもちろん、インフラ系、汎用系の案件も多数!あなたのご希望に合わせた案件の提案をいたします。

Job is engineerで相談する Job is engineer

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、エンジニア向けの案件紹介からプロジェクト参画前後のサポートまでを一手に引き受けてくれる、フリーランス専門のエージェントです。高単価案件の多さとマッチング精度の高さ、万全のフォロー体制に自信があり、フリーランスをサポートしてきた実績も多数です。また、開発現場にも年間3000回出向いて企業との協力関係を築いているので、フリーランスが知りたい企業の情報も詳しく教えてもらうことができます。

レバテックフリーランスは、間に他社を挟まず、参画先企業と直接取引をすることによりマージンを低く押さえられ、かつ、これまでのマッチング実績により企業からの信頼が厚く、高い発注金額で案件を獲得できています。

レバテックフリーランスで相談する レバテックフリーランス

仕事がきついと感じるエンジニアの方へ